【絶対に軽視したらダメ!】英語の第2アクセントの重要性

らいおん

アルクさんの English Journal のウェブメディアでサラの発音連載の新記事が公開されました!
毎回違うテーマで英語発音のルールやコツを解説しています!

ひよこ

この記事を書いた人

サラ

英語ジム らいおんとひよこ®代表
・コロンビア大学 大学院卒:英語教授法修士
・ETS (Educational Testing Service) 米国本社の元問題作成者

 

第2アクセントは絶対に軽視したらダメ!

突然ですが以下の単語を声に出して発音してみてください。その時に、「どこが強く読まれるか」、つまり「どこにアクセントがあるか」に注意して発音してみましょう。

  • contribution
  • possibility
  • identification
  • dictionary
  • territory
  • testimony

どの単語も意味はそれほど難しくない語ですし、注意すべき発音ポイントはないと感じた方も多いかもしれません。

しかし、実はこれらの語は多くの学習者が正確に発音できていない語で、特にアメリカ英語では発音に注意を要する語も含まれています。

 

第2アクセントも第1アクセントと同じくらい重要

上記の語に共通しているのは第2アクセントがある、ということです。アクセントは「第1アクセントだけ気をつければOK」だと思っていませんが?実は第2アクセントも第1アクセントと同じくらい重要です。

 

単語レベルでの3つのアクセント

意外に知らない人も多いことですが、単語レベルでは実は3つレベルのアクセントがあります。この3つのアクセントに常に注意することが重要ですが、今回は中でも軽視されがちな第2アクセントの重要性について、English Journal Onlineで徹底解説しました。

記事はこちらから↓  ぜひお読みください!

参考 dictionaryの発音は「ディクショナリー」じゃない?単語の「3つのアクセント」を押さえよう!English Journal Online
注意
*English Journal Onlineで閲覧できる記事は、会員登録なしの場合月に3記事までのようです。

 

第2アクセントの重要性についてYouTube動画で確認

第2アクセントの重要性について、YouTube動画で解説しています。ぜひこちらもご覧ください。

 

サラの連載のバックナンバー・過去全記事はこちらから↓

参考 連載バックナンバー・全記事English Journal Online