オンラインCambridge Dictionaryの発音表記について

この記事を書いた人

サラ

英語ジム らいおんとひよこ®代表
・コロンビア大学 大学院卒:英語教授法修士
・ETS (Educational Testing Service) 米国本社の元問題作成者

 

オンラインで無料で利用可:Cambridge Dictionary

この記事ではオンラインで無料で利用できて便利な Cambridge Dictionary の発音表記について、1つ気になったことがあったので備忘録も兼ねて記事にしておこうと思います。

 

Cambridge Dictionaryのproblemの音節の区切り方

Cambridge Dictionary では problem の音節の区切り方が以下のようになっていて、英米で音節の区切り方が異なっています

https://dictionary.cambridge.org/dictionary/english/problemより

Cambridge Dictionaryのアメリカ英語のproblem

つまり、

  • イギリス英語では prob・lem
  • アメリカ英語では pro・blem

のように音節が区切られています。

他の多くの辞書で problem を確認すると prob・lem で音節の境界を区切っている辞書が多いように感じますが、英米で差がある理由がよく分からないでいます…。

 

problematic の発音も同様

Cambridge Dictionary で problematic で調べると同じように

  • UK /ˌprɒb.ləˈmæt.ɪk/
  • US /ˌprɑː.bləˈmæt̬.ɪk/

となっており、やはり英米の音節境界で差がつけられています

 

ケンブリッジ発音辞典のアメリカ英語のproblem

さて、problem を発音をケンブリッジ発音辞典(Cambridge English Pronouncing Dictionary 18th Edition)で調べるとオンライン Cambridge Dictionary と同様に

  • イギリス英語では prob・lem
  • アメリカ英語では pro・blem

と音節が区切られていました。

created by Rinker
¥6,651 (2022/10/04 20:18:25時点 Amazon調べ-詳細)
僕の今の発音の知識ではこの理由がまだよく分かっていません…。

サラ

らいおん

何か分かったらこの記事に追記します!

 

「おすすめ発音記事」カテゴリでまだまだたくさん発音に関する知識を紹介しています。

おすすめ発音記事はこちら

発音・音声学書籍リスト

僕が読んでいる発音本・音声学書籍紹介は以下の記事にリストにしてまとめていますので興味がある人はぜひご覧ください。

発音本【中・上級者向け78冊】英語の発音向上におすすめの本・音声学書籍レビュー