【LとRの発音】リスニングでの聞き分け練習ができるアプリ

らいおん

LとRの発音の聞き分けが苦手だけど何か練習法はないかな?
リスニングでL vs Rの聞き分け練習ができるアプリを紹介するよ!

ひよこ

この記事を書いた人

サラ

英語ジム らいおんとひよこ®代表
・コロンビア大学 大学院卒:英語教授法修士
・ETS (Educational Testing Service) 米国本社の元問題作成者

 

日本人英語学習者が特に苦手な /l/ と /r/ の発音の聞き分け

この記事では日本人英語学習者が特に苦手だと言われる

/l/ と /r/ の発音のリスニングでの聞き分け

について書きます。

  • light vs right
  • lace vs race
  • lice vs rice
  • clown vs crown
  • clew vs crew 

などの聞き分けが難しいと感じたことは、日本の普通の学校教育のみで育った学習者なら一度はあることだと思います。

 

LとRのリスニングでの聞き分け練習ができるアプリ

この記事ではLとRのリスニングでの聞き分け練習ができるアプリを紹介します。

しかし、最初にお断りしておくと、この記事で言いたいのは「アプリで練習しておけばOK」ということではありません。あくまで、聞き分け練習の “1つの方法” としてアプリを活用することは一定の価値があると思ったので紹介します。

らいおん

アプリのみで完結するのでなく以下のような点にも注意しよう!

 

LとRの発音の練習のコツ

まず、LとRの発音については以下のような全体像を持つのがいいと思います。

LとRの発音の練習
  1. 必ず「理屈」→「練習」の順番を守る
  2. LとRの発音の仕方の「理屈」を理解する
  3. LとRの発音の仕方の「理屈」が分かったら発音ができるように「練習」する
  4. リスニングとして、教材や生英語素材などでLとRを含む語を、LとRに注目しながら大量に聴く
  5. ②〜④のサイクルを繰り返す

 

LとRの発音の仕方の「理屈」を理解する

やみくもにLとRを何度も聞いて聞き分けようとするのでなく、まずはLとRの発音の仕方の「理屈」を理解することから始めましょう。

では、具体的に理屈を学ぶにはどうしたらよいかですが、基本的には質の高い発音・音声学書籍で学ぶのがよいでしょう。

特に、LとRの解説だけを何冊も比較すると理解が深まるのでおすすめです!

ひよこ

 

Rの発音の仕方・コツ

しかし、発音書籍を持っていない or 何冊も持っていない、という人もいると思います。そんな人は、LとRの発音については以下の記事で徹底解説しているのでぜひまず記事をご覧ください。

以下の記事では、様々な発音書籍の「Rの解説」を徹底比較し、分かりやすい解説を厳選して紹介しています。

あわせて読みたい
オンラインで読める一般英語学習者向けの記事としては最高レベルの詳しさで解説したつもりです。 【どこよりも詳しく解説】英語のRの発音の仕方・コツ:舌は巻かなくてもOK?!
僕の経験では、LよりもRの方が理解しやすいことが多いと感じているので便宜上「Rの発音解説」から読むのをおすすめしています!

サラ

 

Lの発音の仕方・コツ

次に「Lの発音」についてです。

あわせて読みたい
こちらもオンラインで読める学習者向けの記事としては最高レベルの詳しさで解説したつもりです。 【どこよりも詳しく解説】英語のLの発音の仕方・コツ:「暗いDark L」「明るいClear L」の違いまで

 

/l/ vs /r/ の識別練習ができる無料アプリ

さて、では前置きが長くなりましたが、アプリの紹介です。上記の記事や書籍などで学んで、少なくともLとRの発音の仕方の「理屈」が理解できている人はアプリも練習の1つとして活用してみましょう。

以下で紹介するのは無料/l/ vs /r/ の識別練習ができるアプリ5つです。

らいおん

全てのアプリに実際に使用している動画をつけたから参考にしてね!

 

LvsRの発音アプリ①:lr Pro – LとR発音トレーニング

最初に紹介するのは /l/ vs /r/ の発音の区別が「かなり苦手」な人向け

lr Pro – LとR発音トレーニング

というアプリです。

lr Pro

 

lr Pro – LとR発音トレーニングの特徴

LとRは全く自信がなく本当に苦手という人はまずこれから試すのがいいでしょう。最大の特徴として、僕が検証した

無料アプリの中では最もゆっくり発音

してくれます。

ただし、その分、練習できる単語数がかなり限られているのは留意点です。

 

LとRの発音が動画で確認できる

このアプリが、LとRの区別が「かなり苦手」な学習者におすすめだと感じる理由は、以下のように音声だけでなく「動画」を表示するかが簡単に切り替え可能なことです。

やってみると分かりますが、口の構えが見えると識別はかなり楽になるはずです(しかもとてもゆっくりデモしてくれます)

 

LvsRの発音アプリ②: L | R

二つ目に紹介するのは、

L | R 

というアプリです。

①で紹介した「lr Pro」と比べるとかなり難易度が上がります

L | R 

 

L | R の特徴

このアプリの特徴としては、以下が挙げられます。

  • LとRの聞き分け練習しかなく究極にシンプル
  • メニューもなければ終わるボタンもない
  • 「もう一度聞くボタン」あり
  • 単語は限られているが、ランダム出題がとてもいい感じ
  • 素早く大量に毎日練習したい場合おすすめ

 

L vs Rの区別を何問連続正解できるか?

「L | R」のアプリの注目したい特徴として、画面右下に何問連続で L vs R を正解したかが「強制的」に表示されるということがあります。そして、間違えるか、練習を終了しないと終われないです。

らいおん

ぜひ実際にアプリでやってみてほしいですが、苦手な人は「30問連続正解」でもおそらくかなり難しいと思います。
逆に「50問連続」が目標、など、目標を立てやすいアプリとも言えます!

ひよこ

ただし100問を超えると集中がかなり厳しいですのでそれ以上は推奨しません‥!

サラ

 

LvsRの発音アプリ③:英語リスニング特訓LR編

三つ目に紹介するアプリは、

英語リスニング特訓LR編

です。

英語リスニング特訓LR編

 

英語リスニング特訓LR編の特徴

このアプリの特徴としては、以下が挙げられます。

  • シンプルに練習しやすいアプリ
  • 10セットに分かれてて同じペアの聞き取りに挑戦しやすい
  • 「もう一度聞くボタン」はないので聞き返せない
  • 正答率が単語毎に出る

 

LvsRの発音アプリ④:英語耳ゲー

四つ目に紹介するのは、

英語耳ゲー

です。

英語耳ゲー

 

英語耳ゲーの特徴

このアプリの特徴としては、以下が挙げられます。

  • シンプルに練習しやすいアプリ
  • 28セットあって豊富
  • 「もう一度聞くボタン」ありなのでトレーニングしやすい
  • 正解しても選ぶスピードが遅いと減点される

使いやすいアプリですが、正解しても選ぶスピードが遅いと減点されるのでそこは気になる人はいるかもしれません。

 

LvsRの発音アプリ⑤:英語の聞き分け LとRの聞き分け

五つ目は、

英語の聞き分け LとRの聞き分け

です。

英語の聞き分け LとRの聞き分け

 

英語の聞き分け LとRの聞き分けの特徴

このアプリの特徴としては、以下が挙げられます。

  • 他のアプリの補助使いとして使うのがいいかなと感じるアプリ
  • 「もう一度聞くボタン」はなし
  • 話者の国が選べる
  • 正確の効果音Goodは人によっては気になるかも

 

LとRの発音の無料アプリ:YouTube解説

ここまでの内容をYouTube動画で解説していますのでぜひご覧ください。

 

LとRの発音の無料アプリ:ツイートもチェック

Twitterをやられている方は以下のツイートのスレッドでも紹介していますのでご覧ください。

 

まとめ:リスニングでの聞き分け練習

ここまで無料のアプリ5つと特徴を紹介してきました。最後にもう一度念押ししたいのが、

アプリで練習する前に「理屈」を理解するのが最重要

ということと、アプリはあくまで補助的に取り入れる、ということです。

以下のツイートでも伝えたけど、正しい発音は「習ってから慣れろ」だよ!

ひよこ

らいおん

とにかく「理屈」→「練習」の順番!
このポイントを絶対に勘違いしないようにしよう!

ひよこ

 

「おすすめ発音記事」カテゴリでまだまだたくさん発音に関する知識を紹介しています。

おすすめ発音記事はこちら

 

発音・音声学書籍リスト

僕が読んでいる発音本・音声学書籍紹介は以下の記事にリストにしてまとめていますので興味がある人はぜひご覧ください。

発音本【中・上級者向け80冊】英語の発音向上におすすめの本・音声学書籍レビュー