【破裂しない閉鎖音】/p, t, k, b, d, g/「聞こえないくらい弱い」無開放の発音

らいおん

今回は「無開放の閉鎖音」について解説するよ!

らいおん英語チャンネルと連携して YouTube 動画スライドも載せるから復習や見直しに役立ててね。

英検1級・TOEIC満点レベルの先を目指そう!

ひよこ

「無開放の閉鎖音」をYouTube動画で確認!

動画の概要:こんなことを話しています

動画概要
  1. 「ためるだけ」「聞こえるか聞こえないかくらい弱い」の /p, t, k, b, d, g/とは
  2. ざっくり見分け方
  3. 音声学書籍解説:/p, t, k, b, d, g/ が無開放になる条件
  4. 音声学書籍解説:声門閉鎖が起こる条件

1 ~ 4で気になる内容があればぜひ動画をご覧ください。

 

ミニ解説:要点ダイジェスト

以下に動画の要点ダイジェストを箇条書します。

ポイント1:「ためるだけ」「聞こえるか聞こえないかくらい弱い」/p, t, k, b, d, g/ チェックポイント

①語末、フレーズの最後、文末に /p, t, k, b, d, g/ が現れている

 

②後続の母音とリンキングしていないか

 

③音節の最後の位置に /p, t, k, b, d, g/ が現れている

 

ポイント2:閉鎖音(破裂音)が無開放となる場合

①直後にもう1つ破裂音が来る場合

 

②直後に破擦音(= /tʃ  dʒ  tr  dr  ts  dz/) が来る場合

 

③発話の最後の場合

 

ポイント3:声門閉鎖音 glottal stop [ʔ] が現れる条件

① [t]の後に [j] [w] [r] などの移行音(= glide)が来た時、[ʔ] が [t] の代わりに現れる。

 

② [t]の後に同じ [t]、または調音の位置が非常に近い(= homorganic)、[d] [l] [n] [tʃ] [dʒ] などの子音が続く時[ʔ] が [t] の代わりに現れる。

 

③ 語頭の母音の前に現れることがある。その語が強調される場合に多い。

 

YouTube動画スライドPDF

動画内で使用したスライドは以下のサムネイルをクリックすると確認できます。

無開放の閉鎖音

*無断複写・転載を固く禁じます。個人での復習目的のみで使用していただきますようお願いします。

 

らいおん英語チャンネルの他の動画は以下をクリック!

 

「YouTubeスライド」カテゴリで他の動画スライドも見直せます!

YouTubeスライド記事をもっと読む