日本人英語学習者が最も習得が難しい文法項目は「冠詞」?:冠詞の脱落について

この記事を書いた人

サラ

英語ジム らいおんとひよこ®代表
・コロンビア大学 大学院卒:英語教授法修士
・ETS (Educational Testing Service) 米国本社の元問題作成者

 

日本人英語学習者の冠詞の誤り

この記事では鈴木孝明、白畑知彦 著の「ことばの習得―母語習得と第二言語習得 」(くろしお出版)から

日本人英語学習者の冠詞の誤り 

について印象に残った記述を1つ紹介します。

自分の備忘録も兼ねた短い記事になっていますのでご了承下さい。

created by Rinker
¥1,980 (2022/11/26 14:30:54時点 Amazon調べ-詳細)

らいおん

ちなみにこの本は「母語獲得と第二言語習得の”両方”を1冊でしっかりと取り扱い、日本語で書かれたはじめての書籍」がキャッチコピーの書籍だよ!
「大学生が1人で読んでも読めるように分かりやすく」が意識されて書かれている本だよ!

ひよこ

 

日本人英語学習者の冠詞の誤りは「脱落」が最も多い

冠詞は日本人英語学習者にとって最も習得が難しい文法項目の1つだと言われていますが、

日本人英語学習者の冠詞の誤りの中で、必要な冠詞を省いてしまう「脱落」が最も多いエラー

であるようです。(要約しながら参照しています)

日本語母語話者の冠詞の誤りについての研究では the の誤りの約95%、そして、a の誤りの約70%が冠詞を省いてしまう「欠落」であることが分かった

とのことです。

 

a↔an↔the…:「置換タイプ」の冠詞エラー

一方で、

  • the にすべきところを a/an にした誤りは全体の4.8%
  • an とすべきところを a と発話した誤りは9.9%

ということで、「置換タイプ」の冠詞エラーは全体の1割以下だったようです。

らいおん

冠詞の誤りの大部分が、冠詞を省いてしまう「欠落」というのは興味深いね…!

 

日本人英語学習者の冠詞習得傾向の分析

関連して、以下の「エラータグ付き 日本人英語学習者発話コーパスを用いた学習者の冠詞習得傾向の分析」という論文もぜひ読んでみましょう。短く非常に分かりやすくまとまっており、結果もとても興味深い内容となっています。

エラータグ付き 日本人英語学習者発話コーパスを用いた学習者の冠詞習得傾向の分析

 

日本人英語学習者が最も習得が難しい文法項目は「冠詞」?

この調査では、

日本人英語学習者のエラーで最も多く出現したのが「冠詞」

で、初級・中級・上級の全レベルにおいて、冠詞のエラーは「脱落」タイプが最も多く見られたという結果になったようです。

なお、「脱落」のエラーでは、

定冠詞(the)よりも否定冠詞(a/an)がより頻繁に脱落する傾向

が見られたようです。

 

冠詞エラーの3つのタイプ:脱落・余剰・置換

また、この調査では冠詞のエラーの種類

  1. 脱落タイプ:必要な箇所で冠詞を付け忘れる
  2. 余剰タイプ:不必要な箇所に冠詞が用いられている
  3. 置換タイプ:ある冠詞が必要な箇所に誤った冠詞、もしくはその他の決定詞が付けられているケース

の3つのタイプに分類しています。

非常に興味深い結果なのでぜひ上記リンクの論文を読んでみましょう。

 

おすすめの1冊:鈴木孝明、白畑知彦 著「ことばの習得―母語習得と第二言語習得 」(くろしお出版)

らいおん

「ことばの習得―母語習得と第二言語習得 」では、他にも興味深い言語の話がたくさん紹介されているよ!
言語習得に興味がある人はぜひ本を読んでみよう!

ひよこ

 

冠詞のツイート

書籍などを読んでいて印象に残った記述などはTwitterでもつぶやいています。ぜひTwitterもチェックしてみてくださいね。

 

第二言語習得研究(SLA)入門におすすめの本

あわせて読みたい
以下の記事で僕が読んでいる第二言語習得研究(SLA)入門書籍は以下のリストをまとめています。各書籍のレビューも順次記事でアップしています! 【入門書42冊】第二言語習得研究(SLA)入門におすすめの本