【実は5種類以上】「オーストラリア」Australiaの英語の発音・発音記号

僕が読んでいる発音本・音声学書籍:本記事最後からリストへ飛べます

 

この記事を書いた人

サラ

英語ジム らいおんとひよこ®代表
・コロンビア大学 大学院卒:英語教授法修士
・ETS (Educational Testing Service) 米国本社の元問題作成者

 

Australiaの発音は5種類以上ある?

この記事では「オーストラリア」Australia の英語の発音について解説します。

実は5種類以上の発音があり、細かくみると複雑ですのでぜひ整理しておきましょう。

NOTE

*本サイトでは主にアメリカ英語発音を扱っています。

*この記事は発音記号がある程度読める方向けの記事です。

 

Australiaの発音記号

アメリカ英語では、Australia は以下のような発音パターンがあります。

  1. /ɔːˈstreɪliə/
  2. /ɑːˈstreɪliə/
  3. /əˈstreɪliə/
  4. /liə/ が /ljə/ で発音
  5. /s/ が /ʃ/ で発音
  6. /eɪ/ が /ɑː/ のように聞こえる発音
注意

*4, 5, 6は全組み合わせを書くと長くなるので一部省略しています。

*/ɔː/ となっている箇所は個人的には /ɒː/ の表記を好むのですが、多くの学習者により馴染みのあると思われる /ɔː/ の記号で表記します。

以下では「ジーニアス英和辞典第6版」「ロングマン発音辞典」、その他辞書などを参考にしながら順にコメントしていくよ!

ひよこ

 

1 /ɔːˈstreɪliə/ と 2 /ɑːˈstreɪliə/ の発音

まず、1 /ɔːˈstreɪliə/ が多くの辞書に載っている発音です。

ただ、アメリカ英語では出だしが /ɔː/ でなく、/ɑː/2 /ɑːˈstreɪliə/ もよく聞きます。まずはこの2つの発音を知っておきましょう。

 

3 /əˈstreɪliə/の発音

次に、3 /əˈstreɪliə/ の発音です。

これは出だしの第1音節が /ɔː/ や /ɑː/ でなくシュワー /ə/ の発音で、「ジーニアス英和辞典第6版」「Longman Pronunciation Dictionary 3rd Edition」などに載っています。

「ジーニアス英和辞典第6版」では、この出だしがシュワー /ə/ の発音について、

現地では /əs-/

とあり、「Longman Pronunciation Dictionary 3rd Edition」でも、この /ə/ の発音は

locally

という記述があり、オーストラリアではこの発音も多いようです。

created by Rinker
大修館書店
¥3,960 (2024/05/20 07:34:19時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥6,237 (2024/05/20 06:21:15時点 Amazon調べ-詳細)

 

/liə/ でなく/ljə/ の発音

次に、Australia の4つ目の発音です。

Australia の発音は最後が /liə/ と表記されている辞書も多いですが、 「ジーニアス英和辞典第6版」のアメリカ英語発音では、以下の画像のように

/liə/ でなく/ljə/ 

の表記がされています。

らいおん

アメリカ英語では /liə/ でなく/ljə/ の発音が好まれる傾向にあるみたいだね!

 

Australia の /s/ が /ʃ/ で発音されるとき

5番目ですが、実はAustralia の

/s/ は /ʃ/ で発音される

ことがよくあります。

/s/ でなく /ʃ/ で発音されるのも普通に聞く発音ですのでぜひ覚えておこう!

ひよこ

 

Australia の -stra- 部分の発音

最後に、Australia の -ra- 部分の発音は /reɪ/ が基本発音です。しかし、個人的に

/reɪ/ が /rɑː/ のように発音されている

のを聞くような気がします。

つまり /eɪ/ の発音が /ɑː/ のように聞こえるのです。この現象についてはどう説明するのがいいのかなと思っていたら、竹林滋著「英語音声学」(研究社)P. 300に以下の解説がありました。

/r/ と /l/ に挟まれた影響で母音が「エィ」というより「アー」のように聞こえることもあるようです。

この6番目の「レィ」というより「ラー」のように聞こえる発音は、ニュースなどでもしばしば聞きます。ただ、学習者が優先して覚えるべき発音ではありません。このような発音がある、くらいで覚えておきましょう。

僕が知っている限り、この解説は竹林滋著「英語音声学」にしか載っていませんが、気になる方はぜひ原著を参照ください!

サラ

created by Rinker
¥13,280 (2024/05/20 12:54:52時点 Amazon調べ-詳細)

 

「おすすめ発音記事」カテゴリでまだまだたくさん発音に関する知識を紹介しています。

おすすめ発音記事はこちら

 

発音・音声学書籍リスト

僕が読んでいる発音本・音声学書籍は以下の記事にリストにしてまとめていますので興味がある人はぜひご覧ください。

らいおん

数が多いので少しページが開くのに時間がかかる場合もありますが、開きます!
発音本【中・上級者向け100冊】英語の発音向上におすすめの本・音声学書籍レビュー