【Canadian Shiftとは】カナダ英語発音の最近の傾向

この記事を書いた人

サラ

英語ジム らいおんとひよこ®代表
・コロンビア大学 大学院卒:英語教授法修士
・ETS (Educational Testing Service) 米国本社の元問題作成者

 

Canadian Shiftとは

この記事では Canadian Shift について簡単に紹介します。Canadian Shift とはすごくざっくり言うと、

カナダ英語において /ɪ/ /ɛ/ /æ/ などの前舌母音で舌の位置が後ろ寄りand/or 低めになる現象

です。

/ɪ/ は kit などの母音、/ɛ/ は dress などの語の母音、/æ/ は trap などの語の母音、です。

Wikipediaの「Canadian Shift」の記事より

 

milk の発音が melkに?

Canadian Shift でよく言われるのが、milk が melk のように聞こえるということです。百聞は一見にしかずということで、以下の動画の milk の発音を聞いてみてください。Canadian Shift が起こっている例です。

動画全編はこちら ↓

この他にも例えば

  • pillow → pellow
  • dress → drass

などのように聞こえる現象です。

 

 /ɪ/ /ɛ/ /æ/ の舌の位置:「後ろ寄りになる」vs「低めになる」

Canadian Shift では /ɪ/ /ɛ/ /æ/ の舌の位置が「後ろ寄りになる」という主張と「低めになる」という主張がありますが、研究者の中でも完全に一致していないようです。

また、 /ɪ/ /ɛ/ /æ/ の中でも後ろ寄り/低めの度合いなどが微妙に異なることもしばしばなようです。

 

カナダ都市部の若い世代を中心に Canadian Shift が確認されている

Canadian Shiftは特にカナダの都市部の若い世代の話者で確認されていると言われています。都市部を中心に、程度の差はあれカナダの広い地域でも確認されるようですが、若い世代の話者が必ず母音をシフトさせているわけではないので過度な一般化をしないように注意しましょう。

 

カリフォルニア英語でも母音が推移:California Shift

ちなみに同様の母音推移はカリフォルニア英語でも確認されており、こちらは California Shift と呼ばれます。特に若い世代で聞かれる現象ですが、Canadian Shift同様、若い世代の話者が必ず母音をシフトさせているわけではないので注意しましょう。

参考 California EnglishWikipedia

 

Canadian Shiftについての記事・図

この記事ではCanadian Shiftを簡単に説明することを目的としていますので、いろいろ説明を簡略化しています。以下の記事などもぜひ参考にしてみましょう。ただ、学習者としてはこの記事で紹介したような現象がある、ということを知っておけば十分だと思います。

Wikipediaの「Canadian Shift」の記事

The Canadian Shift: Still shifting? Céleste Peterka University of Ottawaの記事

THE CANADIAN SHIFT: COAST TO COAST: Emily Sadlier-Brown and Meredith Tamminga McGill Universityの記事

The Lax Vowel Subsystem in Canadian English Revisited: Rebecca V. Roeder University of North Carolina at Charlotteの記事

 

The Canadian Shift in Toronto: Rebecca Roeder and Lidia Jarmasz, University of Torontoの記事

 

「おすすめ発音記事」カテゴリでまだまだたくさん発音に関する知識を紹介しています。

おすすめ発音記事はこちら

発音・音声学書籍リスト

僕が読んでいる発音本・音声学書籍紹介は以下の記事にリストにしてまとめていますので興味がある人はぜひご覧ください。

発音本【中・上級者向け68冊】英語の発音向上におすすめの本・音声学書籍・参考書レビュー