「日本語のラ行子音」「英語のL」「英語のR」の発音の違い

らいおん

日本語のラ行子音」と「英語のL」と「英語のR」の違いについて簡単に整理するよ!
この3つの違いをしっかり理解しておくと、LやRの発音についての理解が深まるよ!

ひよこ

この記事を書いた人

サラ

英語ジム らいおんとひよこ®代表
・コロンビア大学 大学院卒:英語教授法修士
・ETS (Educational Testing Service) 米国本社の元問題作成者

 

日本語の「ラ行子音」「英語のL」「英語のR」の違いは?

日本語の「ラリルレロ」、英語のLの「la li lu le lo」、そして、英語のRの「ra ri ru re ro」ですが、”カタカナ”で表すと全て「ラリルレロ」になってしまいますね。しかし、英語学習者としてこれらは明確に区別する必要があります。

この記事では

日本語の「ラリルレロ」の「ラ行子音」「英語のL」「英語のR」がどう違うか

を簡単に考えてみます。

らいおん

この3つの違いをしっかり理解しておくとLの発音についての理解もぐっと深まるよ!

 

日本語の「ラ行子音」は舌先が歯ぐきに触れ素早く離れる「弾音」

まず日本語で「ラリルレロ」と言ってみてください。この時、舌先が歯ぐきを素早く弾いているのが分かるかと思います。

日本語の「ラ行子音」は「弾音」と呼ばれ、舌先が歯ぐきに触れ、”素早く”離れる 

これが「ラ行子音」のポイントです。

NOTE
ちなみに「弾音」は [ ɾ ] という音声記号が使用されます。「たたき音」や「tap」などと呼ばれることもあります。

 

「英語のL」は舌先が歯ぐきに接している時間が長い

次は英語のLで「la li lu le lo」と言ってみてください。この時、「歯ぐき」で発音されることは「日本語のラ行子音」と同じですが、

「英語のL」と「日本語のラ行子音」では歯ぐきに舌先が接触している長さが違う 

ことがポイントです。

つまり、「英語のL」は日本語の「ラ行子音」よりも舌先が歯ぐきに接している時間が長いのです。

あわせて読みたい
このことについてはLの発音について網羅的に解説している以下の記事で詳しくお話しています。

また、Lは「側音」で舌の両側から空気が流れ出る音です。これらの違いをしっかり確認しましょう。 【どこよりも詳しく解説】英語のLの発音の仕方・コツ:「暗いDark L」「明るいClear L」の違いまで

 

英語のLとRの発音の違いは?

では次に英語のRで「ra ri ru re ro」と言ってみてください。「英語のL」「日本語のラ行子音」と「英語のR」の最も大きな違いは何でしょうか?それは

「英語のR」は舌先が口腔内のどこにも触れない

という点です。

一方で、

「英語のL」と「日本語のラ行子音」は舌先が歯ぐきに触れる 

のがRと違います。まずは、この違いをしっかりと意識しましょう。

あわせて読みたい
本記事では「英語のR」については詳しくは触れませんが、Rの発音は以下の記事で詳しく解説していますのでぜひこちらもお読みください。 【どこよりも詳しく解説】英語のRの発音の仕方・コツ:舌は巻かなくてもOK?!

 

「暗いL=dark l」では舌先が歯ぐきに接触しないことも

発展

ただし、いわゆる「ダークL」という「暗いL」では舌先が歯ぐきに接触しないことも頻繁にあります

 

よって、LとRの違いを一言で説明する場合、「舌先が歯ぐきに接触するか否か」の違いでなく、正確には「舌先が前に出ているか否か」の違いで、「舌先が前に出ているのがL」、というのが重要になります(英語音声学入門:松坂ヒロシより)。

created by Rinker
¥2,530 (2021/09/27 15:19:36時点 Amazon調べ-詳細)
あわせて読みたい
「暗いL」「明るいL」については先ほども紹介した以下の記事で詳しく解説しています。 【どこよりも詳しく解説】英語のLの発音の仕方・コツ:「暗いDark L」「明るいClear L」の違いまで

 

母音の発音解説

あわせて読みたい
アメリカ英語の全母音は以下の記事で解説していますのでぜひ参考にしてください。 lasting influence【アメリカ英語の全母音】発音&発音記号の解説

 

発音解説の参考文献リスト

発音記事は以下の書籍を参考に書いています。おすすめの発音本・音声学書籍紹介は以下の記事にまとめています。

発音本【中・上級者向け56冊】英語の発音向上におすすめの本・音声学書籍・参考書レビュー