【音源付き:語尾のL】暗いL(Dark l)の発音:側面開放とは

らいおん

「語尾のL」の発音について解説するよ!
この記事では

/pl/ /bl/ /kl/ /gl/ /fl/ /vl/ /sl/ /zl/  

/tl/ /dl/ /nl/

の練習をするよ!!

ひよこ

この記事を書いた人

サラ

英語ジム らいおんとひよこ®代表
・コロンビア大学 大学院卒:英語教授法修士
・ETS (Educational Testing Service) 米国本社の元問題作成者

 

英語のLの発音解説

この記事は「語尾のL」に絞ってお話ししていますが、以下のLの発音解説記事を読んでから読むと理解が深まります。

あわせて読みたい
Lの発音について英語学習者が知っておきたいことを網羅的にカバーしている記事です。ぜひこちらからお読みください。 【どこよりも詳しく解説】英語のLの発音の仕方・コツ:「暗いDark L」「明るいClear L」の違いまで

 

「語尾のL」の発音

まず「語尾のL」について簡単に整理しましょう。後ろに母音が来ない語尾のLは「暗いLです。この時のLは

」(あるいは「」)のような音色

になります。

またここでもう1つ重要なことがあり、この「語尾のL」は他の位置に現れているLと少し異なり、

舌先は必ずしも歯ぐきにつかず、舌先を歯ぐきの方向に近づけるだけでもOK 

という特徴があります。ただし、最初のうちは歯ぐきにくっつけるようにするのがおすすめです。以下の3ステップでこの「暗いL」を発音してみましょう。

 

「暗いL」の発音のコツ

「暗いL」の発音の3ステップ・コツ
  1. 「暗いL」=「ォl」(または「ゥl」)とイメージする
  2. 「ォ」(「ゥ」)を発音したら舌先を歯ぐきに近づる
  3. 舌先が歯ぐきに軽く触れるか触れないかくらいまで近づければ「暗いL」の完成(慣れるまでは触れるように発音しましょう)

らいおん

舌先を歯ぐきに“近づける動き“はしっかり意識してほしいので本記事では「ォ」でなく「ォl」と表します!

では以下で

  • /pl/ /bl/ /kl/ /gl/ /fl/ /vl/ /sl/ /zl/  
  • /tl/ /dl/ /nl/

の練習をしますが、便宜上① /pl/ /bl/ /kl/ /gl/ /fl/ /vl/ /sl/ /zl/ と② /tl/ /dl/ /nl/ の2つに分けます!

ひよこ

 

/pl/ /bl/ /kl/ /gl/ /fl/ /vl/ /sl/ /zl/ の発音

まず P, B, K, G, F, V, S, Z の後に来る「暗いL」を見ていきます。 /pl/ /bl/ /kl/ /gl/ /fl/ /vl/ /sl/ /zl/ の練習をしましょう。どの場合も語尾のLは全て「ォl」のイメージで発音すると上手くいくはずです。

  • /pl/: ポl
  • /bl/:ボl
  • /kl/:コl
  • /gl/:ゴl
  • /fl/:フォl
  • /vl/ヴォl
  • /sl/:ソl
  • /zl/:ゾl

単語で練習しましょう。

people, able, medical, Google

 

発音のイメージがしやすいように右側にカタカナのヒントを表示します。

  • people:ピーポl
  • able:エィボl
  • medical:メディコl
  • Google:グーゴl

rifle, devil, pencil, puzzle

 

発音のイメージがしやすいように右側にカタカナのヒントを表示します。

  • rifle:ラィフォl
  • devil:デヴォl
  • pencil:ペンソl
  • puzzle:パゾl

 

lateral escape:/pl/ /bl/ /kl/ /gl/

発展

/pl/ /bl/ /kl/ /gl/ は lateral escape と呼ばれることもあります。

 

/tl/ /dl/ /nl/の「語尾のL」の発音

次はTとDとNの後に来る「暗いL」[ ɫ ] を見ていきます。/tl/ /dl/ /nl/ の練習です。上の /pl/ /bl/ /kl/ /gl/ /fl/ /vl/ /sl/ /zl/ の練習と同様に、こちらの /tl/ /dl/ /nl/ の「暗いL」も「ォl」のイメージで発音してみましょう。

発音のイメージがしやすいように右側にカタカナのヒントを表示します。

  • /tl/:トl
  • /dl/:ドl
  • /nl/:ノl

単語で練習しましょう。

/tl/ /dl/ の発音

cattle, settle, shuttle, middle, medal, idle

 

発音のイメージがしやすいように右側にカタカナのヒントを表示します。

  • cattle:キャトl   or  キャドl (アメリカではこちらが普通)
  • settle:セトl  or   セドl(アメリカではこちらが普通)
  • shuttle:シャトl  or   シャドl(アメリカではこちらが普通)
  • middle:ミドl
  • medal:メドl
  • idle:アィドl
NOTE

/tl/ と /dl/ のTとDははしばしば弾音化して「速いD音」になります。

 

上のcattle, settle, shuttle の音源もTは有声化して「速いD音」になっています。

/nl/ の発音

channel, panel, tunnel, signal

 

発音のイメージがしやすいように右側にカタカナのヒントを表示します。

  • channel:チャノl
  • panel:パノl
  • tunnel:タノl
  • signal:スィgノl

 

側面開放とは

さて、ここまで /tl/ /dl/ /nl/ の練習をしましたがこれらは音声学では「側面開放」と呼ばれます。用語は知らなくても大丈夫ですが、Lの基礎知識が身についている学習者はぜひ知っておきましょう。

側面開放とは

TもDもNも全て「歯ぐき」を使って発音される「歯茎音」ですが、 /tl/ /dl/ /nl/ ではT, D, Nの直後に同じく調音点が同じの「歯茎音」Lが来ています。このような /tl/ /dl/ /nl/ は音声学では「側面開放(lateral release)」または「側面破裂(lateral plosion)」と呼ばれます。

 

側面開放とは簡単に言うと、舌先は歯ぐきにつけたままで、舌の両脇だけ歯ぐきから離して発音される現象です。ただしこれがピンとこなくても本記事前半の単語の発音ができていれば大丈夫です。

発展
また、本記事で練習した/tl/ /dl/ /nl/ /pl/ /bl/ /kl/ /gl/ /fl/ /vl/ /sl/ /zl/ のLは「音節主音的子音」と呼ばれます。「音節主音的L」は [ l̩ ] のような音声記号で表します。

 

「音節主音的子音」は簡単に言うと、「母音のように音節を形成できる子音」という意味ですが。これについてはまた別の記事で解説する予定です。

 

「日本人のための英語音声学レッスン」の側面開放の解説

牧野武彦先生の「日本人のための英語音声学レッスン」では側面開放について以下のように解説されています。

NOTE

/tl, dl, nl/

 

/l/ の前に同じ歯茎を調音位置とする破裂音・鼻音がある場合、舌先は上歯茎に密着させたままで舌の側面のみを歯茎から離すことによって破裂音・鼻音から /l/ に移る。これを「側面開放(lateral release)」または「側面破裂(lateral plosion)」と呼ぶ。

created by Rinker
¥2,530 (2021/09/27 15:52:58時点 Amazon調べ-詳細)

 

母音の発音解説

あわせて読みたい
アメリカ英語の全母音は以下の記事で解説していますのでぜひ参考にしてください。 lasting influence【アメリカ英語の全母音】発音&発音記号の解説

 

発音解説の参考文献リスト

この記事は以下の書籍を参考に書いています。おすすめの発音本・音声学書籍紹介は以下の記事にまとめています。

発音本【中・上級者向け56冊】英語の発音向上におすすめの本・音声学書籍・参考書レビュー