辞書の発音記号と英語音声が一致していない例:電子辞書やオンライン辞書は注意

この記事を書いた人

サラ

英語ジム らいおんとひよこ®代表
・コロンビア大学 大学院卒:英語教授法修士
・ETS (Educational Testing Service) 米国本社の元問題作成者

 

電子辞書やオンライン辞書の発音に注意

最近は無料オンライン辞書が充実していて、発音が聞けるものも多いですね。しかし、辞書の発音記号と英語音声が一致していないことがしばしばあり、注意が必要な時もあります。

 

辞書の発音記号と英語音声が一致していない例

例えば、Cambridge Dictionary の monetary の発音は明らかに発音記号とモデル音声が一致していません

  • UK: /ˈmʌn.ɪ.tri/
  • US: /ˈmʌn.ə.tri/

と表記されていますが、以下の音声を聞いてみてください。

Cambridge Dictionary の monetary のアメリカ英語発音より

 

Cambridge Dictionary の monetary のアメリカ英語発音

アメリカ英語発音はサイトでは

  • US: /ˈmʌn.ə.tri/

となっていますが、Cambridge Dictionary の monetary のアメリカ英語発音は、USのナレーターはアメリカ英語らしく

/ˈmɑːnəteri/

で発音しています。

複数の発音バリエーションを載せるか表記に近い音声にするべきだとは思いますが、このようなこともしばしばあるので注意しましょう。

 

オンライン英語辞書の発音記号と実際のモデル音声が一致していないこともあるので注意

このように、発音音声があるどの電子版辞書にも言えることですが、

オンライン辞書の発音記号と実際のモデル音声が一致していないこともある

ので、そのことにはくれぐれも注意しましょう。

らいおん

一致していない例は他の辞書でもまだまだあるので別の記事でもまた紹介していこうと思います!

 

 

「おすすめ発音記事」カテゴリでまだまだたくさん発音に関する知識を紹介しています。

おすすめ発音記事はこちら

発音・音声学書籍リスト

僕が読んでいる発音本・音声学書籍紹介は以下の記事にリストにしてまとめていますので興味がある人はぜひご覧ください。

発音本【中・上級者向け68冊】英語の発音向上におすすめの本・音声学書籍・参考書レビュー