【収益化】monetizationの発音・意味:アメリカ英語とイギリス英語で発音が違う?

この記事を書いた人

サラ

英語ジム らいおんとひよこ®代表
・コロンビア大学 大学院卒:英語教授法修士
・ETS (Educational Testing Service) 米国本社の元問題作成者

 

monetizationの意味

この記事では monetization の発音について簡単に紹介します。まず monetization の意味ですが、「収益化」などを意味します。

 

monetizationの発音

monetization ですが、

  • /ˌmʌnɪtaɪˈzeɪʃn/:主にイギリス英語
  • /ˌmɑːnətəˈzeɪʃn/:主にアメリカ英語

などと発音されます。

他のバリエーションもありますが、まずはこの発音をメインとして覚えておくといいでしょう。

 

monetizationはアメリカ英語とイギリス英語で発音が違う?

上記の発音表記でお気づきかと思いますが、monetization はイギリス英語とアメリカ英語と異なる発音がされる傾向にあります。

アメリカ英語では出だしの発音が /mʌ/ でなく /mɑː/ のように発音される傾向があり、「長めのアー音」/ɑː/ が使われることが多い

ことを覚えておきましょう。この発音は面白い英米差だと感じます。

 

monetizationの -ti- の発音

さて、次に monetization の -ti- の部分にも英米差が生じる傾向があります。-ti- 部分はイギリス英語では二重母音/aɪ/ で /taɪ/ と発音されるのが好まれます。

一方でアメリカ英語では /tə/ の発音がされる傾向にあります。

 

イギリス英語で二重母音が好まれる例

これはご存知の方も多いかと思いますが

  • organization
  • hospitalization

などの語でイギリス英語では二重母音が好まれる傾向にあります。つまり、

  • organization:(英)/ˌɔːɡənaɪˈzeɪʃn/
  • organization:(米)/ˌɔɚɡəˈzeɪʃn/
  • hospitalization:(英)/ˌhɒspɪtəlaɪˈzeɪʃn/
  • hospitalization:(米)/ˌhɑːspɪtəˈzeɪʃn/

のような英米差が出ることが多いです。

絶対ということではないですが、アメリカ英語とイギリス英語の大きな違いと言えますので覚えておきましょう。

 

アメリカ英語とイギリス英語の発音の違い

アメリカ英語とイギリス英語の違いについては僕がアルクの ENglish Journal Online に寄稿した以下の記事で詳しく解説しているのでぜひこちらもお読みください!

参考 newの発音は「ヌー」?!今さら聞けないアメリカ英語の特徴とはEnglish Journal Online

 

「おすすめ発音記事」カテゴリでまだまだたくさん発音に関する知識を紹介しています。

おすすめ発音記事はこちら

発音・音声学書籍リスト

僕が読んでいる発音本・音声学書籍紹介は以下の記事にリストにしてまとめていますので興味がある人はぜひご覧ください。

発音本【中・上級者向け68冊】英語の発音向上におすすめの本・音声学書籍・参考書レビュー