ジーニアス英和辞典第5版の participation の発音表記

この記事を書いた人

サラ

英語ジム らいおんとひよこ®代表
・コロンビア大学 大学院卒:英語教授法修士
・ETS (Educational Testing Service) 米国本社の元問題作成者

 

ジーニアス英和辞典第5版の participation の発音表記

この記事は発音に関する備忘録です。ジーニアス英和辞典第5版(G5)の participation の発音表記ですが、以下の画像のように第2アクセントが第1音節にあると表記されています。

 

ジーニアス英和辞典第5版以外の participation の発音表記

しかし、G5以外の手持ちの辞書ほぼ全てで、第1音節でなく第2音節に第2アクセントがあると表記されています。僕はアメリカ英語派ですが、少なくともアメリカ英語においてG5のこの第1アクセント位置は、違和感なのですが僕の理解違いでしょうか?

 

イギリス英語では participation の par- が第2アクセントの可能性もある?

ちなみにG5でなく、ジーニアス大英和辞典の方は第2音節に第2アクセントがあるとなっていました。

ただし、ロングマン発音辞典によると、一部イギリス英語でpar-が第2アクセントの可能性もあるようです。

 

アメリカ英語では participation の発音

僕が participation は少なくともアメリカ英語で第2音節が第2アクセントだと感じる理由は以下の2つです。

  1. 第1音節は /pɑɚ/ の発音が基本ですが、/pɚ/ や /pə/ となるのも聞く印象で、その場合第1音節は第2アクセントにならないと感じる
  2. 第2音節では弾音化が起こらないのが普通。これはつまり第2音節にアクセントがあるということではないか

僕の理解違いなのか…?また何か分かったら追記します。

 

「おすすめ発音記事」カテゴリでまだまだたくさん発音に関する知識を紹介しています。

おすすめ発音記事はこちら

 

発音・音声学書籍リスト

僕が読んでいる発音本・音声学書籍紹介は以下の記事にリストにしてまとめていますので興味がある人はぜひご覧ください。

発音本【中・上級者向け78冊】英語の発音向上におすすめの本・音声学書籍レビュー