【〜だと気づく】realizeの発音・意味

この記事を書いた人

サラ

英語ジム らいおんとひよこ®代表
・コロンビア大学 大学院卒:英語教授法修士
・ETS (Educational Testing Service) 米国本社の元問題作成者

 

realize の意味

まず realize の意味ですが、「〜だと気づく」「〜だと悟る」という意味です。

 

スペル:realize と realise の違いは?

アメリカ英語ではスペルは基本的に realize と綴られますが、イギリス英語ではしばしば realise というスペルが使われます。

NOTE
本サイトでは基本的にアメリカ英語を扱っています。

 

realize の発音

realize は

/ˈriːəlaɪz/

と発音されます。

 

realize の読み方:カタカナでは?

realize はむりやりカタカナにすれば「リーァラィz」などとなります。

 

realize の /ˈriːlaɪz/ という発音

さて、ここからが本記事の本題なのですが、先日、アメリカのニュースで realize が /ˈriːəlaɪz/ でなく

riːlaɪz/

と発音されているのを聞きました。ニュースキャスターはアメリカ人でした。

 

really の発音との関連は?

これにちょっと関連して、really の発音ですが、really は少なくともアメリカ英語では

/ˈriːəli/ でなく /ˈriːli/ の発音が多い

ですが、これと関係はあるのでしょうか?今後、realize の発音に注目して、/ˈriːlaɪz/ の発音を何度も聞くようになったらまたこの記事に加筆したいと思います。

NOTE
ジーニアス英和辞典第5版ではイギリス英語として /ˈriːlaɪz/ の発音は載っていました。
あわせて読みたい
really の発音については以下の記事で解説しているのでぜひこちらもご覧ください。 saving grace【really の発音】/riːəli/ か /riːli/ か:発音のコツ

 

「おすすめ発音記事」カテゴリでまだまだたくさん発音に関する知識を紹介しています。

おすすめ発音記事はこちら

 

発音・音声学書籍リスト

僕が読んでいる発音本・音声学書籍紹介は以下の記事にリストにしてまとめていますので興味がある人はぜひご覧ください。

発音本【中・上級者向け80冊】英語の発音向上におすすめの本・音声学書籍レビュー