アメリカ英語とイギリス英語のスペルの違い:リスト

らいおん

「アメリカ英語とイギリス英語のスペルの違い」について簡単に紹介するよ!
アメリカ英語とイギリス英語は発音・語彙などでも違いがたくさんあるけどスペルの違いも整理しておこう!

ひよこ

この記事を書いた人

サラ

英語ジム らいおんとひよこ®代表
・コロンビア大学 大学院卒:英語教授法修士
・ETS (Educational Testing Service) 米国本社の元問題作成者

 

スペルの英米差

この記事ではアメリカ英語とイギリス英語のスペルの違いについて、英語史ブログの「綴字の英米差のリスト」という記事に豊富なリストがあるので備忘録として紹介します。

 

綴字の英米差のリスト

前述の記事の、アメリカ英語とイギリス英語のスペルの違いリストの一部を引用します。全リストはぜひ記事をぜひご覧ください。

US     UK
analyze   analyse
anesthetic   anaesthetic
apologize +   apologise
armor   armour
artifact   artefact
behavior   behaviour
canceled   cancelled +
center   centre
check (bank)   cheque

 

らいおん

英語史ブログは他にも興味深い記事がたくさんあるのでぜひのぞいてみよう!
慶応大学教授の堀田隆一(ほったりゅういち)先生が書いている間違いないブログだよ!

ひよこ

 

 

「おすすめ発音記事」カテゴリでまだまだたくさん発音に関する知識を紹介しています。

おすすめ発音記事はこちら

発音・音声学書籍リスト

僕が読んでいる発音本・音声学書籍紹介は以下の記事にリストにしてまとめていますので興味がある人はぜひご覧ください。

発音本【中・上級者向け68冊】英語の発音向上におすすめの本・音声学書籍・参考書レビュー