/ɔɚ/ の発音のコツ:sport母音について

この記事を書いた人

サラ

英語ジム らいおんとひよこ®代表
・コロンビア大学 大学院卒:英語教授法修士
・ETS (Educational Testing Service) 米国本社の元問題作成者

 

sport /spɔɚt/の /ɔɚ/ の発音

この記事では sport /spɔɚt/ などの /ɔɚ/ の発音についてお話します。この記事を読めば、sport や order などの発音が少しだけ楽にできるようになるかもしれません。

ちょっとだけ上級者向けの内容になっていますがどのレベルの学習者でも読んでいただけると思います。

 

sport vowel = 「sport母音」

さて、sport, more, sore, order, according などに含まれる /ɔɚ/ の発音ですが、苦手な人も多いのではないでしょうか?僕が代表をつとめるオンライン英語スクールらいひよ®の生徒さんを見ていても、特に order などの発音は苦手な人の方が多い印象です。

以下、この記事ではこのような sport の母音を sport vowel = 「sport母音」と呼ぶことにします。

 

/ɔɚ/ の発音の仕方は?アゴを落として口を開けるのがコツ?

僕の印象では、sport vowel を苦手とする人は、

出だしの母音 /ɔ/ で口を開けるのをがんばり過ぎて = アゴを落とすことをがんばりす過ぎてRへの移行がスムーズにいっていない

という場合も多いと感じます。

もちろん、sport vowel の出だしでしっかりとアゴを落として発音してもいいのです。しかし、このやり方で上手く発音できないと感じる人は実はもう少し楽に発音できるかもしれない「省エネ発音」があります。

 

/ɔɚ/ の出だしは日本語の「オ」と同じくらいの発音でOK?

sport vowel の /ɔɚ/ という発音記号を見て、/ɔ/ があるので「日本語のオ」よりもアゴを落として = 口を開いて発音しなければならない、と感じている人も多いでしょう。しかし、実は

sport vowel の出だしの母音は、日本語の「オ」とほぼ同じくらいで発音してもOK

です。

あるいは、so /soʊ/ などの二重母音 /oʊ/ の第1要素と同じくらいの発音、と考えてもOKです。この /oʊ/ の第1要素も「日本語のオ」とほぼ同じと考えて大丈夫です。

つまり、

sport vowel では日本語の「オ」を言うくらいの感じでアゴを必要以上にあまり落とさずに、 so /soʊ/ などの二重母音 /oʊ/ の第1要素を発音する感じで発音してもよい

ということです。経験上、このように意識すると sport などの発音が上手くいく人も多いと感じます。

 

アメリカ人の「sport母音」の感覚:GOAT母音に属すると感じる?

さて、このことに関して、Beverley Collins, Inner M. Mess and Paul Carly著「Practical English Phonetics and Phonology 4th Edition」を引用すると、

 …many Americans feel that the vowel before /r/ in words like four and cord belong to their GOAT vowel. This is a trend which is already established in Canada, and seems to be rapidly gaining ground in the United States…

 

多くのアメリカ人は、four や cord といった語の /r/ の前の母音は、GOAT母音に属すると感じています。これはカナダではすでに定着している傾向で、アメリカでも急速に広まりつつあるようです

という記述があります。

つまり、 アメリカ人にとって、sport, four, cord のRの前の母音は、so, goat などの二重母音 /oʊ/ (の /o/) と同じように感じるということです。

 

The sport [o] vowel

この理由により、最新のアメリカ英語発音の傾向を加味しているPaul Carley and Inger M. Mess著「American English Phonetics and Pronunciation Practice」では、これらの母音を

The sport [o] vowel 

として分類しています。

created by Rinker
Routledge
¥5,915 (2022/05/22 20:38:47時点 Amazon調べ-詳細)

P.127では例として以下のような表記があります。全て、/ɔ/ を使わない表記になっています。

”The
vowel”]
  • north: /norθ/
  • more: /mor/ 
  • course: /kors/ 
  • board: /bord/ 
  • door: /dor/ 
  • foreign: /forən/ 
ちなみにこの書籍では /ɚ/ を使用しないで /r/ が使われています!

ひよこ

注意:上級者向け補足
ちなみに、この本では上記表記を non-phonemic であるがより分かりやすい表記を採用しているとの注意書きがP.127にあります。

…our transcriptions will be non-phonemic in this respect, but for the sake of simplicity, we will continue to use slanted phonemic brackets…

詳しくは原書をご覧ください。

 

Merriam-Webster Learner’s Dictionary は /oɚ/ の発音記号

なお、sport vowel で /ɔɚ/ でなく /oɚ/ を採用している辞書もあります。アメリカ英語発音派の学習者は必見と言える Merriam-Webster Learner’s Dictionary では

sport /ˈspoɚt/

という表記で、sport vowel で /oɚ/ を採用しています。これは学習者目線で考えると、いい表記だと個人的に感じます。

 

Merriam-Webster Learner’s Dictionary の発音表記では toy は /ˈtoɪ/

ちなみにこの辞書では toy などでも /ˈtoɪ/ という表記がされていて、 ɔ でなく o の記号が使われています。

らいおん

sport などの発音が苦手な人は /ˈspoɚt/ のイメージで発音すると上手くいくかもしれないよ!試してみよう!

 

「おすすめ発音記事」カテゴリでまだまだたくさん発音に関する知識を紹介しています。

おすすめ発音記事はこちら

発音・音声学書籍リスト

僕が読んでいる発音本・音声学書籍紹介は以下の記事にリストにしてまとめていますので興味がある人はぜひご覧ください。

発音本【中・上級者向け74冊】英語の発音向上におすすめの本・音声学書籍・参考書レビュー