【音声・映像ありの発音解説サイト】神山孝夫著 『脱・日本語なまり:英語(+α)実践音声学』

参考にしている発音本・音声学書籍たち:本記事最後からリストへ飛べます

らいおん

神山孝夫先生著の 『脱・日本語なまり:英語(+α)実践音声学』の発音解説サイトが非常に有益なので紹介するよ!
無料で発音解説が学べるだけでなく、音声が聞け、動画で口の形なども確認できるよ!

ひよこ

この記事を書いた人

サラ

英語ジム らいおんとひよこ®代表
・コロンビア大学 大学院卒:英語教授法修士
・ETS (Educational Testing Service) 米国本社の元問題作成者

 

神山孝夫著 『脱・日本語なまり:英語(+α)実践音声学』(大阪大学出版会)の発音解説サイト

神山先生著の 『脱・日本語なまり:英語(+α)実践音声学』は非常におすすめな音声学書籍の1冊ですが、この本と完全連携した「発音解説+音声・映像データサイト」があり、無料で閲覧可能です。

created by Rinker
大阪大学出版会
¥2,420 (2024/06/16 21:20:36時点 Amazon調べ-詳細)
参考 音声・映像データ神山孝夫 『脱・日本語なまり:英語(+α)実践音声学』

 

『脱・日本語なまり』の発音解説サイトを活用する

このサイトでは、かなりの数の発音音声や動画が視聴できます。全部視聴してみるのが理想ですが、数が多いので自分の苦手な発音の発音解説を読んだり、音声・動画を参考にするという活用法がいいでしょう。まずは苦手な音の発音解説を何個か見てみましょう。

この記事ではサイトの中から、英語学習者にとって特に参考になるであろう映像解説や、しっかり理解しておきたい映像を紹介していきます。全部紹介することはできませんが、2つの音素を比較すると発音の理解が深まるものなどを多く取り上げています。

どれも映像で確認すると気づきがある動画ですのでぜひ参考にしてみてください。

それぞれの音の細かい発音の解説は割愛しているのでサイトの解説も参考にしてみてね!

ひよこ

 

[ f ] から [ v ] の発音へ:[ fːːːvːːː ]

[ f ] から始め、途中から [ v ] の発音へ移る動画です。very などの [ v ] の発音が苦手な人はぜひご覧ください。

[ ʃ ]  から [ ʒ ] の発音へ:[ ʃːːː ʒːːː ]

次は [ ʃ ] を長く発音し、途中から声を加えて [ ʒ ] の発音に移る動画です。measure /ˈmɛʒɚ/ などの [ ʒ ] の発音が苦手な学習者は多いのでとても参考になると思います。

注意
なお、[ ] と / / の記号は区別する必要がありますが、本記事では原書で [ ] が使用されていた箇所は [ ] を使用し、その他の単語の発音などでは / /を使用していたりします。

この記事では便宜上厳密な区別はしていないのでご了承ください。

[ ʒ ] の発音動画

次は [ ʒ ] の単独の発音です。pleasure /ˈplɛʒɚ/ などでも練習しましょう。

 

[ ʧ ] → [ ʤ ] の発音

[ ʧ ] を発音した後に声を加えて有声の [ ʤ ] を発音している動画です。

[ ʧ ] の有声音が [ ʤ ] ということだね!

ひよこ

らいおん

[ ʧ ] は change /tʃeɪndʒ/、[ ʤ ] は major /ˈmeɪdʒɚ/ などで出てくる音だよ!

[ ʤ ] の発音動画

次は [ ʤ ] の単独の発音です。

[ s ]  から [ θ ] の発音へ:[ sːːː θːːː ]

sink などの [ s ] と think などの [ θ ] の発音です。[ s ] を発音し、途中から上下の前歯の間を少しあけて [ θ ] に移る様子が映像になっています。[ θ ] は舌を”噛む”のでなく、歯は舌に軽く触っているだけです。

hypothesis /haɪˈpɑːθəsɪs/ などは [ θ ] と [ s ] 両方が入っているね!

ひよこ

[ ð ] の発音

the などの [ ð ] の単独の発音です。[ ð ] は舌を”噛む”のでなく、歯は舌に軽く触っているだけです。

[ θ ]  から [ ð ] の発音へ:[ θːːːðːːː ]

[ θ ] を発音し途中から [ ð ] の発音へ移る動画です。繰り返しますが、[ θ ] [ ð ] は舌を”噛む”のでなく、歯は舌に軽く触っているだけのイメージです。

[ θ ]  から [ s ] の発音へ:[ θs ]

[ θ ] で少し口を開いた状態から、前歯をかみ合わせて [ s ] の発音に移る動画です。

[ z ]  から [ ð ] の発音へ:[ zð ]

[ z ] で上下の前歯をかみ合わせ、次に [ ð ] でちょっと口を開きます。is that のような語の並びだとこの [ zð ] があらわれます

[ l ːːː ] の発音

次は苦手な人も多い [ l ] です。[ l ] は舌先を上の前歯の後ろにくっつけたままで「ウー」と声を出してみましょう。映像のように、最初は伸ばして[ lːːː ]  のように練習しましょう。

lie の発音

lie の発音です。上で練習した [ l ] の状態からゆっくりと舌先を前歯の後ろから離して発音します。

[ r ] の発音

次は [ r ] の発音動画です。ra と発音してるシンプルな動画で口の形を確認してみましょう。

あわせて読みたい
神山先生のRの発音解説などをもとにRの発音をどこよりも詳しく解説した記事です。ぜひこちらもお読みください。 【どこよりも詳しく解説】英語のRの発音の仕方・コツ:舌は巻かなくてもOK?!

 

pie の [ p ] のaspiration 発音

英語では強いアクセントのある音節の最初に [ p t k ] がある場合は、強い息の漏れを伴い、これを aspiration と言います。  映像は少し大げさですが、慣れるまではこのくらい大げさにティッシュを使って練習してみるといいでしょう。

このティッシュを用いた練習法は古典的な aspiration の練習方法で、様々な発音の本で紹介されています。

らいおん

YouTube動画で解説もしているのでこちらもぜひご覧ください!

 

『脱・日本語なまり:英語(+α)実践音声学』は音声学の基本的知識がある発音中級以上の人におすすめ

ちなみに、『脱・日本語なまり:英語(+α)実践音声学』は非常におすすめな音声学書籍の1冊ですが、音声学の基本的知識が全くない学習者が読むとおそらく難しく感じる項目もあるでしょう。

英語音声学だけでなく、日本語音声学や諸外国語の音声学に触れている部分もあります。解説は非常に分かりやすく書かれていますが、音声学のある程度の知識を身につけてから読んだほうが理解が深まるでしょう。

 

ビジュアル音声学 川原繁人著(三省堂)の資料サイトもおすすめ

あわせて読みたい
発音動画はビジュアル音声学 川原繁人著(三省堂)の資料サイトも参考になります。以下の記事で紹介しているのでぜひこちらもチェックしてみましょう。 【発音動画】ビジュアル音声学 川原繁人著(三省堂)の資料サイトがおすすめ

例えば以下の動画は、dirt の /ɚː/ でどのように舌が動き調音されているかが可視化できます。

参考 補足資料サイト三省堂「ビジュアル音声学」
created by Rinker
¥2,530 (2024/06/17 09:03:08時点 Amazon調べ-詳細)

 

【インタラクティブなIPA Chart】SEEING SPEECHもおすすめ

あわせて読みたい
また、インタラクティブなIPA Chartが見たい場合は「SEEING SPEECH」というサイトもおすすめです。母音/子音のMRI動画やアニメーションを見ることができます。 【インタラクティブなIPA Chart】SEEING SPEECHで母音/子音のMRI動画やアニメーションを見る

/ŋ/の発音のアニメーション

例えば以下は /ŋ/ の発音のアニメーションです。/ŋ/ の発音は going /ˈɡoʊɪŋ/ の語尾に出てくる音です。

らいおん

アニメーションで非常に分かりやすいね!

SEEING SPEECHトップページへ

 

「おすすめ発音記事」カテゴリでまだまだたくさん発音に関する知識を紹介しています。

おすすめ発音記事はこちら

 

発音・音声学書籍リスト

僕が読んでいる発音本・音声学書籍は以下の記事にリストにしてまとめていますので興味がある人はぜひご覧ください。

らいおん

数が多いので少しページが開くのに時間がかかる場合もありますが、開きます!
発音本【中・上級者向け100冊】英語の発音向上におすすめの本・音声学書籍レビュー