英語の母音の推移:Vowel shifts of English

この記事を書いた人

サラ

英語ジム らいおんとひよこ®代表
・コロンビア大学 大学院卒:英語教授法修士
・ETS (Educational Testing Service) 米国本社の元問題作成者

 

Vowel Shifts of English

この記事では、英語の母音の推移について、斎藤弘子先生の Vowel Shifts of English という記事がとても簡潔にまとまっていたので紹介します。

注意
難しい記事ではないですが、英語音声学の基礎知識がある上級者向けの記事です。

 

英語の母音の推移

前述の記事では、英語の母音の推移を大きく以下の5セクションに分けて解説しています。

  • The Great Vowel Shift
  • The Northern Cities Shift
  • The Canadian Shift
  • Australian English Monophthongs
  • Recent Changes in the Pronunciation of Vowels of British NRP

分かりやすくまとまっているのでそちらをぜひご覧ください。英語音声学のある程度の知識がある人なら10~15分程度で読めるでしょう。

以下に、それぞれの図を簡単に引用させていただきます。

 

The Great Vowel Shift:大母音推移

 

The Northern Cities Shift:北部都市母音推移

The Organization of Dialect Diversity in North Americaより

 

The Canadian Shift:カナダの母音推移

 

Australian English Monophthongs:オーストラリア英語の短母音

 

Recent Changes in the Pronunciation of Vowels of British NRP:最近のイギリス英語

らいおん

ぜひ記事を読んでみよう!
あわせて読みたい
現代の標準イギリス英語に関してはGeoff LinseyのEnglish After RPが超おすすめです。イギリス英語派の人も、そうでない人も、発音好きは必見の1冊です。 【イギリス英語発音派必見】Geoff Lindsey著 English After RP:Standard British Pronunciation Today

 

 

「おすすめ発音記事」カテゴリでまだまだたくさん発音に関する知識を紹介しています。

おすすめ発音記事はこちら

発音・音声学書籍リスト

僕が読んでいる発音本・音声学書籍紹介は以下の記事にリストにしてまとめていますので興味がある人はぜひご覧ください。

発音本【中・上級者向け68冊】英語の発音向上におすすめの本・音声学書籍・参考書レビュー