sort of の冠詞の位置・ニュアンスの違い

sort of は自由度が高い

sort of は a/an などの冠詞の位置に関してかなり自由度が高い表現です。以下の4文のニュアンスの違いを考えてみましょう。

― sort of のニュアンスの違い ―

 

1. This must be a sort of joke.

 

2. This must be sort of a joke.

 

3. This must be a sort of a joke.

 

4. This must be a joke, sort of.

 

sort of の冠詞の位置によるカジュアル度・ニュアンスの違い

Quirk et al. の A Comprehensive Grammar of the English Language によると、以下のように整理できるようです。

1. This must be a sort of joke. 最も標準

 

2. This must be sort of a joke. <informal>

 

3. This must be a sort of a joke. <more informal>

 

4. This must be a joke, sort of. <most informal>

らいおん

a sort of 名詞 が1番標準的な形で、sort of を後ろに添える最もカジュアルなニュアンスになるんだね!
4のような形も洋画などでは頻出だね!英語学習者としてはまずは1を使えるようにしておこう!

ひよこ

 

徹底例解ロイヤル英文法(改訂新版)によると、

NOTE
kind of, sort of, type of などの後にくる名詞にはふつう a/an をつけない

と解説があり、やはり1の a sort of joke の形が標準的であることが分かります。

created by Rinker
¥1,634 (2021/05/10 16:59:41時点 Amazon調べ-詳細)

 

「この種類の車」を表す表現

ロイヤル英文法には以下のような解説もあります。

「この種類の車」の表現
  1. 1種類なら台数に関係なくthis kind of car
  2. かたい書き言葉なら cars of this kind
  3. 2種類以上の時は these kinds of cars 
  4. 2台以上ありくだけた話し言葉なら these kind of cars
ただし4は正式な表現と認めない人もいるよ!

ひよこ

らいおん

書き言葉では 名詞 of this kind の形が便利だよ!