【that’d の発音・コツ】複数の発音バリエーションがあるのに注意

僕が読んでいる発音本・音声学書籍:本記事最後からリストへ飛べます

 

らいおん

that’d の発音について解説するよ!
上級者でも盲点かもな発音だね!

ひよこ

この記事を書いた人

サラ

英語ジム らいおんとひよこ®代表
・コロンビア大学 大学院卒:英語教授法修士
・ETS (Educational Testing Service) 米国本社の元問題作成者

 

that’d:that would または that had の短縮形

that’dthat would または that had の短縮形です。That’d be great! 「それはいいね!」などのフレーズでもよく使われる語ですが、この発音に自信がない学習者も多いと思います。

that’d の発音に関してネイティブに聞いたり、いろいろ検証したのでこの記事で簡単に整理したいと思います。

 

that’d の発音はいくつかバリエーションがある

that’d の発音は結論から言うと実はいくつかバリエーションがあります。簡単にポイントを整理すると、

  1. 日常会話、速い会話などで最もよく使われる比較的カジュアルな発音
  2. はっきりとした発音
  3. はっきりとした発音では、アメリカ英語とイギリス英語で少し聞こえ方が異なる

となります。順番に見ていきましょう。

 

最もよく使われる比較的カジュアルな that’d の発音

まずは日常会話、速い会話などで最もよく使われる比較的カジュアルな that’d の発音で、that の t をほぼ発音せず、「ザッd」のような発音になります。

この that’d の発音はイメージしやすいように表わせば、

  • /ðæ/ っ /d/   (強形)
  • /ðə/っ /d/   (弱形)

という感じになります。

ポイントとしては

  • 語中の t はほぼ聞こえないと考えて「っ」のような感じでタメだけ作ればOK
  • 語尾の /d/ も「かすかに聞こえるか聞こえないかくらい弱い /d/」として発音

という感じです。

 

最もよく使われる that’d の実際の発音

以下の YouGlish の動画をご覧ください。すぐに That’d be great の発音が聞けます。

参考 That'd be great の発音YouGlish
あわせて読みたい
YouGlishに関しては以下の記事もぜひご覧ください。 【中〜上級者向け】YouGlishの使い方+活用法:発音+イントネーションまで

 

はっきりとした that’d の発音:/ˈðæt̬.əd/ または /ˈðætəd/

さて、この発音が最もよく使われる発音ではあるのですが、面白いのが that’d には他にもバリエーションがあるということ。

主にアメリカ英語

  • /ˈðæt̬.əd/ (強形)
  • /ˈðət̬.əd/ (弱形)

主にイギリス英語

  • /ˈðætəd/ (強形)
  • /ˈðətəd/ (弱形)

という発音も覚えておきましょう。

 

that’d の /ˈðæt̬.əd/ と /ˈðætəd/ の実際の発音

上記の発音記号を見てもどんな発音かピンとこない人もいるでしょう。この発音に関して Cambridge Dictionary ではアメリカ英語とイギリス英語の強形発音 /ˈðæt̬.əd/(US)と /ˈðætəd/(UK) の発音が聞けます。まずこちらを聞いてみましょう。

 

僕が代表をしているオンラインスクールらいひよ®のネイティブトレーナーは、以下のようなコメントをくれました。彼は長年大学で英語を教えているカナダ人です。

  • 学習者は北米英語なら /ˈðæt̬.əd/ /ˈðət̬.əd/ の発音をまず習得するのがベスト
  • 自分が生徒に that’d の発音を教える時もやはり /ˈðæt̬.əd/ /ˈðət̬.əd/ の発音で教える
  • 「/ðæ/ っ /d/」や「/ðə/っ /d/」の発音は、学習者はこの発音も知っておくべきだがカジュアルなので最初は真似しないほうがいい

 

that’d の /ˈðæt̬.əd/ /ˈðætəd/ の発音

研究社の新英和大辞典を見てみても

  • アメリカ英語では /ˈðæt̬.əd/ /ˈðət̬.əd/
  • イギリス英語では /ˈðætəd/ /ˈðətəd/

という発音表記を載せています。

発音の仕方ですが、アメリカ英語では

/ðæ/ + did (強形)

/ðə/ + did (弱形)

のようなイメージで発音するといいでしょう。

/ t̬ /の記号は「有声の t

ちなみに、/ t̬ /の記号は「有声の t 」を表します。「弾音」「tap」「flap」などと呼ばれる音ですが、簡単に言うと「/ t̬ / = 速い /d/ 」と言えます。よって、that’d の /t/ は素早く /d/ と発音すればOKです。

あわせて読みたい
僕が English Journal Online に寄稿した以下の記事でも解説していますのでぜひご覧ください。

参考 city, interview, buttonの「t」はすべて発音が違う?6種類の「t」を発音し分けよう!Part 2English Journal Online

that’d のイギリス英語 /ˈðætəd/ の発音

また、イギリス英語では

/ðæ/ + tid   (強形)

/ðə/ + tid  (弱形)

のようなイメージで発音するといいでしょう。アメリカ英語と違って基本的に /t/ が発音されます

 

that’d の発音のまとめ

まとめると、速いナチュラルスピードの会話では、

/ðæ/ っ /d/   (強形)

 

または

 

/ðə/っ /d/   (弱形)

が使われることが圧倒的に多い。ただ、これはカジュアルな発音と言える。

一方で、学習者としてはまずは

/ˈðæt̬.əd/ /ˈðət̬.əd/(主にアメリカ英語)

 

/ˈðætəd/ /ˈðətəd/ (主にイギリス英語)

というはっきりとした発音をまず習得するべき。ただし、カジュアルな発音もリスニングでは重要なので知識としておさえておくことも重要です。

 

「おすすめ発音記事」カテゴリでまだまだたくさん発音に関する知識を紹介しています。

おすすめ発音記事はこちら

 

発音・音声学書籍リスト

僕が読んでいる発音本・音声学書籍は以下の記事にリストにしてまとめていますので興味がある人はぜひご覧ください。

らいおん

数が多いので少しページが開くのに時間がかかる場合もありますが、開きます!
発音本【中・上級者向け96冊】英語の発音向上におすすめの本・音声学書籍レビュー